カテゴリー別アーカイブ: 人の育て方(子供編)

寺子屋教育

寺子屋と聞いて

「ああ寺子屋ね」

と応える人はいない。

私も知らないし、イメージもできない。

明治以降は寺子屋で、論語、童子教が教材として使われていた。

道徳をしっかりと教えていたのが寺子屋。

幼い子供は善悪の区別がつかない。

だから幼いうちに道徳を教えることが大切だ。

小学校では伝記をたくさん読んだ。

図書館にある伝記すべてを。

なぜ読めたのか?

本が図書館の壁一面にしかなかったのだ。

学校が火事で図書館が燃えてなくなり、寄付で集まったのが壁一面のみ。

おかげで読む本で悩むことはなかった。

伝記からも道徳は学べた。

今はどこから、何から道徳を学んでいるのか?